離婚に伴いマンションを売却

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

36歳、男性、栃木県

結婚して2年が過ぎた頃、そろそろ子供の事も考えようかという話になり住んでいたマンションも狭くなるだろうということで当時勤務していた東京にある築年数9年強の3LDKのタワーマンションを購入しました。ベイエリアにある綺麗なマンションでとても気に入っていました。

最寄り駅からも徒歩数分で移動もしやすく色々な施設も近場にあり、普通に生活しているだけでも毎日が楽しく感じるほどの物件でした。
しかし、そのまま1年が過ぎた頃にもなると自分の仕事も忙しくなり帰宅の時間が夜遅くになる事が多くなっていました。

嫁もデザイナー関係の仕事に就いていたため中々時間に余裕が取れなく、互いにすれ違う事が多くなっていき関係が冷えていきました。
そのうちに完全に言葉を交わすことも無くなり嫁に対する思いはゼロになっていました。

嫁も同じだったようで程なくしてどちらからでもなく自然に離婚の話が出るようになり、あっさりと別れることになってしまいました。
それに伴い、マンションも不要になってしまったので売却する事にしました。

とある不動産で売却の相談をして5000万で売りに出すことに。元々は5000万強で購入した物を5000万での売却は中々に厳しいとの事でしたがとりあえずはそれで駄目もとで売りに出してみて欲しいとお願いしました。

その不動産は一般客はもちろんの事、登録している客もかなりの数がいるようで、そういった人の希望に合えば可能性はあるとも言われ多少期待してはいました。

買い手が居なかったとしても不動産会社自体がマンションを買い取ってくれるとの事だったので気持ち的には余裕がありましたが幸いな事に、5ヶ月が過ぎた頃にベイエリアのマンションを希望する人が自分のマンションを気に入ってくれたらしく、あちらの希望額よりは若干高かったようですが話し合いの結果、どうしても欲しいとの事で5000万で買い取ってもらえる事になりました。

ローンは自分と嫁の親祖父母により支払いは済んでいたので、売却で得た金額は双方が支払った分をそれぞれ分け合った後で結婚生活に幕を下ろしました。

全体的には、マンションの売却の相談から実際に売れるまで半年程の期間で済んだので非常にスムーズだったかと思います。場合によっては1年以上も売れず、値段も大幅に下げないと買い手が付かない事が多々ある中、お願いした不動産会社がとても優秀だった事もあり、少ない期間で希望通りの結果が得られた事にとても満足しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*